コロナ5波はピーク過ぎた可能性、株は上げに転じるか

資産運用

コロナ感染者数推移

コロナ5波は東京を中心に猛威をふるっています。

しかし、既にピークは過ぎた可能性があります。

下の図の通り、東京都の感染者数について、7日間平均の7日前比は既に横ばいにまで低下しています。昨日はさらに、7日間平均の感染者数は4721人と、前日より52人減少しています。

(大和証券ウィークリーより)

(東京都モニタリング資料より)

イギリスでは1か月半程度でピーク

ラムダ株が先に流行していたイギリスでは、増加からピークまで約1か月半でした。

すると、東京都の感染は7月初旬から増加してきたので、現時点で1か月半程度です。

ピークをうったならば、イギリスと同じ傾向となります。

(ロイター資料より)

株式はどうなるか

希望も含めて、上がると考えます

これまでも株式市場は、コロナ感染が下落に転じたところから、上昇する傾向を見せてきました。

加えて、S&P500は月中に低下し、再度上昇するパターンを見せていることからも、再度上昇の可能性が高いと考えます。おそらくは、オプションの期限切りの影響があるのではないかと考えます。

(大和証券ウィークリーより)

まとめ

東京都の感染者数はピークを過ぎた可能性があります。

今後、株価が持ち直す可能性があると思います。

但し、そうならない可能性ももちろんありますので、どちらに転んでも大丈夫な様に身構えたいですね。

Where there is a will, there is a way!

ご興味がある方は以下をどうぞ↓

応援クリックをお願い致します。↓

元地銀マンの子連れセミリタイア生活! ランキング - にほんブログ村
地銀管理職が子連れセミリタイア生活をつづります。40代、妻子持ち。ある壮絶な経験からセミリタイアを意識。配当金300万円、高配当、インデックス、REIT、節約。

コメント

タイトルとURLをコピーしました