シンガポールREITは買い

資産運用

シンガポールREITの値動き

Lion-Philip S-REITの値動きは以下の通りです。

コロナ後回復はしているものの、いまだコロナ前には至っていません

そして、現在の配当利回りは約4%となっています。

これは、J-REITの平均利回り3.3%を大きく上回っています。

値動きの国際比較

7月7日時点での、年初来パフォーマンスは他の先進国に比べて、大きく劣後しています。

これはホテル系リートの比率がやや高いことが影響していると思われますが、ワクチン接種が進展すれば回復すると思います。

何と言っても、シンガポールの魅力は薄れないですし、政府のしたたかさは相当なものです。

よって今後の回復が期待されます。

シンガポールの長期債利回り

他の先進国と同様に、長期的に下落傾向にあります。

そして足元では1.48%となっています。

よって、REITとの利回り差は、4%‐1.48%=2.52%となります。

これは日本の3.3%よりは低いものの、魅力的な水準ではあります。

シンガポールの人口

人口は継続的に増加しています。

出生率は極めて低いですが、移民が増加していることがあります。

その移民は金持ちや高スキルの人たちが多いですから、GDPはどんどん高くなり、家賃上昇に繋がると連想できます。

まとめ

シンガポールのREITは未だコロナ前を回復せず、利回りは4%です。

ホテル系ファンドが多いことが影響していると思われますが、ワクチン接種により今後回復が期待できます。

また長期債との利回り差は、他の欧米諸国と比較しても魅力です。

また長期的に見ても人口が増加しており、この点からも魅力と言えます。

Where there is a will, there is a way!

ご興味がある方は以下もどうぞ。


書評です↓

関連記事です↓

応援クリックをお願い致します。↓

セミリタイア生活 人気ブログランキング - ライフスタイルブログ
セミリタイア生活ブログの人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料) - ライフスタイルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました