パンデミックは株高をまねく、しかしその後は・・・?

経済

過去のパンデミックと株価推移

スペイン風邪の蔓延におけるNYダウ株価推移については1900年から1933年SARSの蔓延による上海総合指数の株価推移については1991年から2009年までを示すと以下の通りとなる。

いずれも、パンデミックによりその後、スペイン風邪では約10年、SARSでは約5年に渡って株高となった。

これからすれば、今回のコロナ禍からの株高は今しばらく続く公算が高い

しかし、いずれの時もその後大きく反落していることには注意が必要だ。

(週刊エコノミストより)

半導体はスーパーサイクルへ

米半導体株指数(SOX指数)は過去、TSMCが設備投資を増加させてから3年間は上昇する傾向がある。

足元では、TSMCが3年で10兆円の設備投資をするとしており、このサイクルは始まったばかりだ。

(週刊エコノミストより)

中古車価格も上昇

中古車価格は足元上昇傾向にあり、中古車価格が上昇すれば新車価格も上昇する。

これは10年くらいつづく長期サイクルだ。

(週刊エコノミストより)

結論

コロナ禍からの株高局面はまだしばらく続きそうだ。

しかし、その後、反落の危険もあり、注意していく必要がある。

ご興味がある方は以下もどうぞ。

週刊エコノミスト2021年5月4・11日合併号【電子書籍】
価格:700円 (2021/5/1時点)楽天で購入

There is a will, there is away!

コメント

タイトルとURLをコピーしました