ベーシックインカム実現可能?財源は?若者は夢を追いやすくなる!

経済

ベーシックインカムの概要

原田泰氏の「ベーシックインカム」をもとに、まとめ・感想を記載します。

原田氏のベーシックインカム導入案は大人1人月7万円、子供1人月3万円を支給するというものです。

導入目的は、年金支給に伴う世代間格差、生活保護受給者とワーキングプアの格差等の解消や、行政のスリム化です。

必要な予算は年間約100兆円となります。

財源は?

では、その100兆円はどうやって捻出するのでしょうか?

まずは所得税です。現行の所得控除等を撤廃し、税率を30%とします。現時点でのサラリーマンと自営業者の混合所得は約250兆円であり、その30%であれば約75兆円の税収となります。一方で旧制度での所得税が10数兆円あるため、実質的には65兆円程度の税収となります。

よって、100兆円と65兆円の差額である35兆円が追加的に必要な財源となります。

ここで本制度は、税と社会保障の一本化であることから、国民基礎年金約17兆円に加え、こども手当や失業給付等の合計で、約20兆円が不要なります。

また生活保護(3.8兆円のうち医療分を除く1.9兆円)、中小企業支援、公共事業等の中にも不要となる財源があることから、残りの財源が捻出できるとしています。

月7万円で足りる?

大人2人、子供2人の世帯を考えれば、月20万円の支給となります。

この場合、都会の生活保護基準には届かないものの、地方の生活保護基準と同等になり、地方であれば生活可能です。

そもそも日本は生活保護の支給基準が高い一方で、必要な人に行き届いていないのです。

また地方であれば、空き家もたくさんあり、安い家賃で快適な生活が可能です。

また若者は、ミュージシャンや画家、タレントになるといった自分の夢を追いやすくなると思います。

感想

同氏は他にも医療等の改革が必要と書いていますが、その通りだと思います。

一部で過剰な医療があるように見えますし、また一方で医師が少ないために医師不足が起きています。

いずれにしても医療費削減は不可欠ですし、そこに切り込むことが出来れば、ベーシックインカムの実現性はかなり向上すると思います。

FIRE生活を目指すものとしては、今後どの様な世の中になるのかを予測しつつ、対応を模索したいですね。

【中古】ベーシック・インカム / 原田泰
価格:650円(税込、送料無料) (2021/4/27時点)楽天で購入

There is a will, there is a way!

コメント

タイトルとURLをコピーしました