世界景気は回復へ!米製造業PMI57.5へ上昇!株価は再度上昇開始か?

資産運用

本日の内容

本日は、米国の製造業PMIについて投稿します。

同指数は、世界景気の先行指標として重要です。

この動きを見ることで今後の株価を占うことも出来ます。

投資をしている人や興味のある人、今後世界経済はどうなるか知りたい人に参考になれば幸いです。

米ISM製造業業況指数

昨日発表された2月の米製造業PMIは57.5と1月の55.5から上昇しました。

依然として物流混乱、人材不足は見られるものの、新規受注や輸出が好調なようです。

この点は、昨日投稿した中国景気の動向とも一致します。

世界景気は再度上昇を開始した可能性があります。

また非製造業PMIも56.7と1月の51.2から上昇しました。

そしていずれも高い水準にあります。

新型コロナウイルス感染者が急減したことで、人々の活動が活発になったことが要因として考えられます。

するとデータとしてはまだ十分に確認できませんが、人々が労働市場に戻る→賃金上昇が抑制される→FRBタカ派軽減→株価上昇の好循環を期待してしまいます。

実際に2月に発表された1月の雇用統計では、労働参加率が上昇していました。

今後もこの傾向が継続するか注目です。

ドイツ景況指数Ifo

ドイツの景況指数も98.9と前月の95.7から上昇しました。

ドイツは中国との経済的な結びつきが強く、中国経済の回復を裏打ちしている可能性があります。

米国との動きとも整合的です。

対応は

1月のリスクオフ時に株式を一定程度売却してポジションを落としていました。

しかし、もしこの傾向が続くのであれば、再度減らしていた株式を戻していくことも検討します。

まずは3月4日の米雇用統計に注目します。

Where there is a will, there is a way!

興味がある方は以下をどうぞ↓

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました