中国の金融緩和で株価上昇か

経済

中国のGDP成長率

中国のGDP成長率はコロナ禍からの回復で、一時前年比で+20%近くまで伸びたものの、足元では8%程度に鈍化していました。

これは中国政府が社会融資総量を伸びを抑えていることが要因の1つと考えられます。

現に国有企業の破産等の事象が増加しています。

そして中国のGDPの伸びが鈍化すれば、輸入が減少し、今後世界のGDP成長率が鈍化することが危惧されます。

これまでは中国がコロナ禍からの回復を先導してきましたが、今後逆回転が始まることが予想されるのです。

中国が再度金融緩和

ここで中国は再度、金融緩和に踏み切りました

預金準備率の0.5%引き下げです。

これにより、銀行は融資をしやすくなりますから、社会融資総量は再び増加に転じ、GDP成長率が高まることが期待できます。

すると、再度世界の成長エンジンとしての役割も期待できるのです。

新規与信の推移

2017年以後の新規与信は、年が経つごとに増加していることが分かります。

そして、今年も順調に増加しており、さらに今後の伸びも期待できるわけです。

株価の動き

発表を受け、香港株(2800)は、長い下髭を付けた陽線で上昇しています。

まとめ

中国は預金準備率を引き下げし、金融緩和を強化しました。

これにより、融資やGDPの増加が見込まれ、株価上昇が期待できます。

先日、ECBも金融緩和に対して長期的な姿勢で臨むことを表明しました。

またFRBも将来の引き締め策を市場に織り込ませながらも、緩和を継続しています。

日本は当分緩和継続ですね。

よって、世界の大国は緩和を継続していることから、堅調な株価は継続する可能性が高いと考えます。

Where there is a will, there is a way!

ご興味がある方は以下もどうぞ。


書評です↓

応援クリックをお願い致します。↓

セミリタイア生活 人気ブログランキング - ライフスタイルブログ
セミリタイア生活ブログの人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料) - ライフスタイルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました