前月より3百万円増加!資産公開(2021年10月)と今後の方針

資産運用

ポートフォリオ

2021年10月末現在のポートフォリオは以下の通りの内訳となっています。

10月は9月末比べて300万円となりました。

また昨年末からは1,900万円の増加です。

世界株が好調な展開で、ポートフォリオは総体として減少となりました。

一方で日本株は、岸田政権に代わり軟調な展開となっています。

ポートフォリオの変動

前月比のポートフォリオ構成比の変動は以下の通りです。

J-REIT・・・変わらず

インフラ・・+0.4%

日本株・・・-0.3%

外国リート・+0.2%

商品・・・・+0.1%

外国株・・・+1.6%

外国債券・・▲0.3%

日本債券・・▲1.6%

【J-REIT】

J-REITは買い増しはなく、相場ほぼ横ばいな展開となったことから、資産額全体横ばいとなりました。

【インフラ】

このカテゴリーは資産分散の観点から4%程度まで買い増しを順次実行しています。配当金の上積みも目的としています。

よって構成比は微増となりました。

【日本株】

構成比が目標の8%中盤程度に到達しています。

今後は、JR株等のコロナ禍からのリオープニング銘柄が上がれば順次売却して、別の銘柄に移したいと思います。

何と言っても、日本株は指標の割安さは、国際的に見ても高いですね。

【外国リート】

中長期的では4%付近まで上昇しました。要因はシンガポールREITの価格が持ち直ししていることによるものです。コロナ禍からの回復が要因と考えています。

【外国株】

外国株は、毎月のインデックス投資を継続していきます

また8月に償還となった外国債券のうち、半分程度を外国株とする予定でありましたが、今般ほぼその予定額を買い切りました。テーパリング開始決定後は、逆に金利が低下しており、株式市場には追い風が吹くと考えております。

【外国債券】

4%程度で回っていた債券が償還となり、その半分以上を外国株に回したため、外国債券の比率は下がりました。当面、この水準を維持させたいと考えています。

【商品】

中長期的では4%程度まで買い増ししたいと思います。

今後しばらくはテーパリングや金利上昇で価格の下落が予想されるため、慎重に様子を見ながら、チャンスがあれば購入したいと思います。購入するのは、金インゴットを考えています。

今後の方針

現在相場が荒れており、落ち着きどころを慎重に探っていきたいと思います。

しかし、引き続き外国株はインデックス投資を継続します。

また、インフラは値動きが少ないため少しづつ積み増し、償還となった外国債券の資金は再投資を実行していきます。

Where there is a will, there is a way!

ご興味がある方は以下をどうぞ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました