スポンサーリンク

大学ファンドで高配当株の時代が到来!

スポンサーリンク
資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高配当株が上昇傾向

高配当株の上昇が目立ってきていますね。

日本、アメリカともに高配当株が上昇しています。

足元の数カ月で10%程度上げています。

FRBの引き締め観測が強まる中、PERの高いグロース株からPERの低いバリュー株に資金がシフトしている様です。

(日経高配当株ETFのチャート)

(VYMのチャート)

要因は

本日の日経新聞朝刊にも、高配当株に資金流入との記事がありました。

ここで解説されていたことは、FRBの金融引き締めで株価全体が軟調となりそうな中、高配当株に注目が集まっているとのことでした。

ただ他に注目する要因がありました。

それは「大学ファンド」です。

昨年に10兆円規模でスタートすることが決まっていましたが、運用は年度内に開始されるようです。

そして当面は利回りが確保出来る高配当株や、債券、社債等に投資していく方針の様です。

実際にどのくらいの資金が日本株やその高配当株に流入するかは分かりませんが、GPIFよりも収益性を重視するということからは、GPIFの日本株比率約25%以上の配分がある様に思われます。

仮に10兆円の3割とすれば3兆円です。日本の自己株式取得の規模は5~6兆円ですから、相当な規模であることが分かります。そうすれば外国人の買いも期待出来そうです。

またこの時期は3月に向けて、権利取りの買いが見られる時期でもあります。

まとめ

日本、アメリカとも高配当株が上昇傾向にあります。これはFRBの金融引き締めに応じて、グロースからバリューへの資金シフトが起きているためです。

日本については、年度内に大学ファンドの運用が開始されることも上げ材料です。

高配当株投資家にとってはチャンスの到来ではないでしょうか。

Where there is a will, there is a way!

興味がある方は以下をどうぞ↓

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
地銀マン21をフォローする
スポンサーリンク
元地銀マンの子連れセミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました