日本株上昇の兆し?29,000円目指す?

資産運用

本日の内容

本日は、今後日本株が上がりそうかということについて投稿します。

最近株価の動きが思わしくなく、元気が無いという方に、ポジティブな面もあることをお伝えできれば幸いです。

長期金利の動向

日銀は連続指値オペを実施し、イールドカーブコントールの上限である0.25%を死守することを明確にしました。

このことは当面は日本企業の資金調達を容易にしやすく、株価にはポジティブです。

さらに日米金利差拡大を招き、円安を招きそうです。

よって海外に進出している企業にはプラスです。

ただ中期的に見ればインフレを助長しやすく、個人消費にマイナスに働くかもしれません。

大学ファンド

最終的に10兆円程度の規模を予定している大学ファンドが始動しそうです。

このファンドは年金よりも積極的な運用をする方針であり、特に高配当株を多く組み入れる方針です。

オミクロン感染状況

足元ではコロナ感染者数が減少傾向にあることもプラス材料です。

米国やイギリスの例を見ても、オミクロン感染については1か月程度でピークを迎えており、日本についても同様の期待が持てます。

感染状況が緩和すれば、再度景況感は向上し、個人消費も増加すると考えられます。

過去、コロナが収束する局面において、日本株は1か月半で7%程度上昇しています。

今回7%上昇するとすれば、29,000円が見えてきます。

日本株のPER

バリエーション的にも日本株は割安に見えます。

下図は実績PERの国際比較ですが、米国の32倍、全世界の27倍に対して、日本は17倍です。

ちなみに予想EPSベースでは、米国が20倍、日本は13倍程度です。

対応は

現在、日経平均やTOPIXは下落傾向にあります。

オミクロン感染やウクライナ、米国の金利上昇によるものと考えています。

しかし前2者はいずれは解消しますし、米国の金利についても少しづつ織り込みが進んでいます。

予断は許さない状況ですが、少しづつ高配当株を戦略をとりたいと考えています。

Where there is a will, there is a way!

興味がある方は以下をどうぞ↓

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました