日経平均は2024年に12,000円!

経済

2005年相場と類似

今の日経平均は2005年相場と似ている。

2005年当時も日銀による金融緩和から縮小へと動いた局面であった。

現在も、日銀はETF購入目標を撤廃し、また日経平均連動ETFを購入しない方針とした。

そして値動きも驚くほど酷似しており、そこからすれば4月下旬に31,500円でピークをつけることとなる。

その後業績相場に移行し、再度32,000円~33,000円へ戻るものの、20204年には12,000円台へ下落する。

(週刊エコノミストより)

EPSは2022年までの回復を織り込む

既に日経平均はコロナからの回復、EPSの回復を2022年程度と相当先まで織り込んでいる

現段階ではこれ以上の織り込みは難しい

(週刊ダイアモンドより)

中央銀行の金融緩和はペースダウン

コロナ禍で各国の中央銀行は大幅な金融緩和に動いたものの、足元は既に横ばいに転じており、前年比変化率はこれから大幅に低下予定。

(週刊ダイアモンドより)

投資家のポジションは高水準

世界の機関投資家の株式に対するアロケーションは既に過去20年の平均を超過しており、より一層のアロケーションの上昇は見込みにくい

(週刊ダイアモンドより)

感想

以上からすれば、FRB等の動きを注視しつつ、過度に積極的な投資姿勢は控えた方が良そうですね。

自身の投資に対する航路を守っていきたいところです。

ご興味がある方は以下もどうぞ。

週刊ダイヤモンド 2021年4月24日号【雑誌】【1000円以上送料無料】
価格:730円(税込、送料別) (2021/4/21時点)楽天で購入
週刊エコノミスト2021年4月27日号【電子書籍】
価格:650円 (2021/4/21時点)楽天で購入

There is a will, there is a way!

コメント

タイトルとURLをコピーしました