オフィス系REITは買いか?2か月連続で空室率改善

資産運用

本日の内容

東京の不動産については、賃料下落フェーズにあります。

しかし空室率はやや上げ止まり感も見られます。

本日は東京のオフィスビルの空室率や賃料動向を分析して、今後どうなるかを考えます。

本稿により、東京のオフィスビルの状況が分かり、不動産投資やREIT投資を行う人にも有用です。

空室率の動向

やや下げ止まり感が見られます。

足元では2か月連続で空室率が改善しています。

(三鬼商事データより、単位:%)

区別に見てみると、渋谷区や新宿区、千代田区で改善傾向です。

(前月差、単位:%)

企業のテレワーク推進やオフィス面積削減の動きも1段落しつつあるのでしょうか。

賃料の動向

平均賃料はマイナスが継続しています。

平均賃料は空室率に劣後して動く傾向があります。

よって今後空室率が改善すれば、賃料も下げ止まり傾向が見え始める可能性もあります。

(前月差は逆目盛り、金額単位:円)

平均賃料は空室率に劣後して動く傾向があります。

下図からは空室率の天底とつけると、そのしばらく後に賃料の天底が来ていることが分かります。

その差は1年弱から1年半です。

よって今後空室率が改善すれば、賃料も下げ止まり傾向が見え始める可能性もあります。

REITの動き

平均賃料や空室率の上昇を受けてか、東証REIT指数も下落傾向にあります。

しかし、空室率の改善が平均賃料の下げ止まりに繋がれば、REIT指数も持ち直す可能性もあります。

現在は公募増資も多く発表されており下げ要因となっていますが、これが落ち着けばサポート材料となりそうです。

ただ、米国の長期金利について上昇観測があることは、REIT価格にはマイナス材料です。

まとめ

東京のオフィスについては平均賃料は下落継続しているものの、空室率に下げ止まり感が見られます。

今後平均賃料も下げ止まれば、REIT価格にもプラスに働きそうです。

しかし米国の長期金利の動向も気がかりです。

引き続き、東証REIT指数1,800P程度を目安に監視を継続します。

Where there is a will, there is a way!

興味がある方は以下をどうぞ↓

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました