楽天格下げで楽天債はどうする

資産運用

楽天の格付け

S&Pグローバルは、楽天長期会社格付けをBBB+からBB+に1段階引き下げたと発表しました。

携帯電話事業での巨額投資で、財務体質悪化が見込まれることを考慮した結果です。

中期的な見通しは、格下げのある「ネガティブ」としました。

携帯電話の事業環境

NTTドコモやKDDI,ソフトバンクといった携帯大手が2,000円台の料金プランを出してきたことで、楽天の存在意義が薄れ、競争環境が激化していることは事実です。

しかし、楽天にとって携帯電話事業は一つの客引きであり、メインはEC、金融にあると思います。

あくまで経済圏の魅力を高め、全体として勝つ戦略と思われます。

また赤字額も今後徐々に縮小していく見込みです。

他社との協力体制

日本郵政、テンセント、ウォルマート、創業家親族から2,400億円を資金調達し、携帯事業に充当しています。

また日本郵政と物流合弁会社を立ち上げ、新拠点構築も検討するとしています。

楽天債はどうする

楽天の赤字は、携帯基地局への投資によるものであり、投資を止めればすぐにでも赤字はなくります。

たしかに、携帯事業単体としては収支は厳しいかもしれません。

しかし、日本郵政とも協力関係にあって今後の成長も期待でき、また携帯事業を継続する裏には銀行からの資金調達等の協力が得られる背景もあると思われます。

よって格付けが下がったと言っても、破産するという可能性は低いと考えます。

また、目下金融緩和で現金が世界にはマネー溢れかえっており、米国ではハイイールド債の利回りが過去最低水準に下がっています。

よって、楽天の資金調達が難しくなることまでは想定しにくいと思います。

以上から、私のポートフォリオで限定的な比率であることも踏まえ、継続保有します。

Where there is a will, there is a way!

ご興味がある方は以下もどうぞ↓

関連記事です↓

応援クリックをお願い致します。↓

元地銀マンの子連れセミリタイア生活! ランキング - にほんブログ村
地銀管理職が子連れセミリタイア生活をつづります。40代、妻子持ち。ある壮絶な経験からセミリタイアを意識。配当金300万円、高配当、インデックス、REIT、節約。

コメント

タイトルとURLをコピーしました