米住宅価格高騰!対応は?、インフレは?

経済

米住宅価格が高騰

米国の住宅価格は過去30年で最高水準

過去3回の上昇局面では利上げで価格上昇を抑制前回の2015年では利上げではなくテーパリングで対応した。

今回もまずはテーパリングで対応すると思われる。

(日経マネーより引用)

インフレは・・・

住宅価格上昇に対して、テーパリングで若干金利は上昇するものの、住宅価格が抑制されるとなれば、インフレ率は抑制されると見るのが普通ですね。

現に米国の長期金利は、一時の上昇から落ち着いています

また米国の期待インフレ率は原油価格と連動しており、原油需要が長期的に減少傾向と思われることや、シェールガスが増産されると見込まれることから、これまでのペースで期待インフレ率が上昇するとは考えにくいです。

また米国の労働市場は以前失業者が多い状況であり、ニーズの増加も限定的です。

とはいえ、インフレ率上昇によるFRBの金融緩和引き締めから、リスク資産が下落するシナリオには依然警戒が必要です。

 There is a will, there is a way!

コメント

タイトルとURLをコピーしました