スポンサーリンク

アマゾン、アドビ、グーグル売却か?

スポンサーリンク
資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

米国グロース株の動き

ナスダックは以下の様な右肩下がりの嫌なチャートになっています。

足元での金利上昇が要因でしょう。

そうすれば高PER株の多いナスダックは厳しくなりますね。

またコロナ禍の底値からは約2.5倍となっています。

今後FRBのタカ派姿勢が強まれば、さらに厳しくなる可能性もあります。

また大手ハイテク銘柄の株価も冴えません。

グーグルは1か月で▲7.54%。現在のPERは26倍とそこまで高いとは言えません

アマゾンも1か月で▲7.72%。PERは63倍と高いです。

アドビは1か月で▲21.8%、PERは51倍とこれも高いですね。

どう対応するか?

私の戦略は、インデックスと高配当株投資の両輪です。

高配当株投資でキャッシュフローを確保し、インデックスで成長をとることを戦略としています。

そして一部のグロース株や大型ハイテク銘柄はサテイライト的に投資してきました。

FRBのタカ派姿勢の強まりと金利の上昇気配を感じ、昨年末にはグロース株を売却しました。

さらに今、上記の大型ハイテク株の売却を検討しています。

具体的にはPERの高いアマゾン、アドビです。グーグルはどうするか迷っています

もし売却した場合は、高配当ETFへの乗り換えを検討します。

まとめ

FRBタカ派姿勢により、グロース株を多く含むナスダックは下落傾向にあります。

そしてその余波は大型ハイテク株にも忍び寄っています。

サテライト的に投資してしてきたこれらの銘柄を高配当ETFへ切り替えることを検討します。

Where there is a will, there is a way!

応援クリックをお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
地銀マン21をフォローする
スポンサーリンク
元地銀マンの子連れセミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました