FIREに必要な判別式、あなたは蓄財優等生か劣等生か?

FIRE

自分は蓄財優等生か?

昨日の投稿では、FIRE達成に必要な公式を紹介しました。

詳しくは以下をどうぞ↓

そして、その公式に基づいて行動していくと、そのうちに自分が上手く行っているのかどうかが気になります。もし、上手く行っていなければ、何が悪いかを見直し、PDCAを回して行かなければならないですね

本日は、それを判別する式をご紹介したいと思います。

蓄財優等生か否かの判別式

それは以下の様な式になります。

年齢×税引き前家計所得÷10=期待資産額

そして、自身の現実の資産額>期待資産額であれば、あなたは蓄財優等生

    自身の現実の資産額<期待資産額であれば、あなたは蓄財劣等生

さらに、自身の現実の資産額が期待資産額の2倍以上であれば、あたなはかなりの蓄財上手とうことになります。

具体的な例で考えみましょう。

30歳で税込み年収500万円の人がいるとします。

この人の期待資産額は、年齢30歳×年収500万円÷10=1,500万円となります。

よって、この人の資産額が1,500万円以上であれば蓄財優等生。

もし、3,000万以上であれば、かなり貯蓄上手と言えます。

これらの考え方は以下の書籍で紹介されているものです。

ご興味がある方は以下をどうぞ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

となりの億万長者〔新版〕 [ トマス・J・スタンリー ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/10/26時点)


行動にどう反映するか

蓄財優等生であれば、あなたの行動は概ね良いということになりますので、そのまま継続して下さい。

もし蓄財劣等生であれば、何かあなたの行動に問題が潜んでいるということになります。

その場合は、昨日ご紹介した公式に戻って、もう1度反省してください。

収入が低いのか、支出が多いのか、運用に問題があるのか、あるいはそれぞれに少しづつ改善の余地があるのか等。

まとめ

本日は、あなたが蓄財優等生か否かの判別式をご紹介しました。

年齢×税引き前所得÷10で求められる期待資産額よりも多ければ、蓄財優等生です。

そうでなければ、収入、支出、運用のどこに問題があるかを分析して、行動の改善につなげましょう。

Where there is a will, there is a way!

ご興味がある方は以下をどうぞ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました