衆議院選挙で政局は動くか?

経済

衆議院選挙の各社結果予測

報道各社から衆議院選挙の結果予測が出ています。

今回の衆議院選挙では、立憲民主党・共産党・社民党・れいわが選挙協力をし、自民党に対して政権選択選挙を挑んでいます。

これに対して自民党は与党で過半数確保を勝敗ラインとしています

今のところ、報道各社では結果予測に大きな違いがあり、朝日新聞は自民党が過半数を超えるとする一方、読売新聞では過半数確保は難しいとしています。日経はその中間ぐらいでしょうか。

自民党過半数割れの予測

週刊文春の予測では、読売新聞と同じく、自民党が過半数を割れるとの予測となっています。

以下は、その獲得議席予測です。

自民党   231

公明党    33

立憲民主党 137

維新     28

共産等    13

要点としては、自民党が単独過半数割れするも、与党で過半数確保するというものです。

立憲民主党は大幅に議席を増加させ、維新も3倍近くまで躍進します。

政局はどうなる?

この結果次第では、政局が動く可能性があります。

自民党が単独過半数割れとなれば、岸田政権はレームダック化し、自身の政策が通りにくくなります。

その場合、公明党の存在感が増します

但し、菅・二階氏と公明党との蜜月は去り、それなりに対立しそうな気配がします。

すると、維新の存在感が増す可能性もあるかもしれません。維新は、菅元総理とは政策的に近かったのですが、岸田総理とは距離がかなりありそうです。よって岸田総理が維新に協力を求めるならば、それなりの譲歩が必要となでしょう。

維新の身を切る改革に期待

私は、維新の身を切る改革に期待したいと思います。

国会議員の定数削減や公務員人件費2割削減等、是非とも実現してもらいたいものです。

まとめ

衆議院選挙結果は報道各社で予測は大きく異なります。

一部予測では、自民党の単独過半数割れも囁かれています。

その場合、公明党が存在感を増したり、維新の協力等、政局が動く可能性もあります。

私は、維新の身を切る改革に期待したいと思います。

Where there is a will, there is a way!

ご興味がある方は以下をどうぞ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました