資産公開(2021年6月)

資産運用

ポートフォリオ

2021年5月現在のポートフォリオは以下の通りの内訳となっています。

6月は5月末比べて120万円の増加となりました。

また昨年末からは1,400万円の増加となりました。

これは主に株式やREIT市場の上昇によるものです。

今後はテーパリングやインフレ、利上げを巡る動きに注意が必要ですね。

ポートフォリオの変動

前月比のポートフォリオ構成比の変動は以下の通りです。

J-REIT・・・+0.2%

インフラ・・+0.4%

日本株・・・▲1.1%

外国リート・+0.2%

商品・・・・変わらず

外国株・・・+0.2%

外国債券・・変わらず

日本債券・・+0.1%

【J-REIT】

J-REITは買い増しはなかったものの、相場が上昇したことから増加しました。またETFを個別銘柄に入れ替えすることで、分配金の増加をはかりました。

【インフラ】

インフラリスク分散の観点から、少し買い増ししました。一定のレンジには達したため、今後はしばく様子見です。

【日本株】

日本株は、短期枠であったJR西日本を売却したことや、日本株がやや調整したため、減少しました。今後は構成比が8%中盤程度まで買い増ししたいと考えています。

【外国リート】

外国リートは、構成比がやや低かったため買い増ししました。ただ、日本ほどイールドギャップが大きくないため、これ以上の買い増しは当面しないつもりです。

【外国株】

外国株は、毎月のインデックス投資から増加しました。今後も継続方針です。

【外国債券】

外国債券は特段売買はせず、変わらずでした。米国の長期金利が2%程度に上昇すれば一定程度買い増しを検討したいと思います。

【商品】

商品は価格が下落したことから、少し買い増ししましたので変わらずとなりました。今後も価格が下がれば買い増しして、一定の構成比は維持したいと考えています。将来のインフレヘッジとしては必要と考えています。

今後の方針

世界的な株高も、テーパリングや利上げ議論が活発化し、後半戦に入ってきたと認識しています。

今後は外国株のインデックス運用を中心に、日本株も目標の構成比までは買い増ししたいと考えています。

またチャンスがあれば、コロナ禍からのリオープニング相場を取りに行きたいと考えています。

その他は当面様子見です。

Where there is a will, there is a way!

ご興味がある方は以下もどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました