銀行員の給料の仕組み

経済

銀行員の給料の仕組み

 基本的にはいまだに年功序列です。

基本的なには以下の項目で構成されます。

・資格手当

・役割給

・家族手当

・残業手当

資格手当とは

他の企業で言うと、基本給に相当するものです。

昇給は毎年5,000円くらいあります。

大体2年に1度資格が上がっていく感じですね。

役割給とは

能力や期待度によって上がっていきます。

20代では、資格試験の合格状況によるところが大きいですね。

30代では、銀行の期待度(コアな層になれそうかどうか)で決まっている

感じがします。つまり、出世コースにのっているかどうかということですね。

40代でコースからはずれると、なかなか上がらなくなります。

家族手当

扶養家族1人あたり、18,000円程度です。

つまり、妻と子供2人であれば、18,000円×3人で54,000円です。

最近は、子供が3人いる人もチラホラいますので、その人は72,000円ですね。

こういう制度は正直これからどうなるのでしょうかね?

能力に全く関係のないところで決まりますからね。

残業手当

・一般社員で1時間2,000円

・支店長代理クラスで1時間4,000円くらい

・最近は昔より、残業が減ったので、ここはあまり期待できないかもしれません。

・ただ、いまだに、残業代欲しさに頑張っている人もいる様な気はします。

残業をするのは、①仕事を1人で抱える、②上司へのつきあい、③残業代稼ぎのどれかに該当します。

セミリタイアを目指す人は、なるべく、早く帰って勉強しましょう!

 

There is a will,there is a way!

コメント

タイトルとURLをコピーしました