16時間空腹ダイエットに挑戦

プロフィール

「空腹こそ最強のクスリ」を読んで

現代人は1日3食が当たり前となっている。

しかしそれは明治以降の話であり、それ以前は1日2食が当たり前であった。

またダイエットというと、1日3食の中で、カロリーを抑えることが主流。

しかし、本来はカロリー計算より空腹時間の方が大切なのだそうだ。

空腹時間を16時間以上とることによって、内臓が休まり、再生される。そして病気になりにくくなる。

抑えられる病気とは、脂肪肝、糖尿病、がん。高血圧症、認知症、アレルギー、感染症、そして老化である。

実際の取り組み方

①空腹時間16時間・・・睡眠時間8時間を組み込む。午後6時に食事をとり、午後9時に就寝。午前5時に起床し、睡眠時間8時間。そして、午前10時まで食事をとらず、空腹時間16時間達成。そこで朝食兼昼食をとる。午後6時の夕食まで食事はとらない

②空腹時はナッツ・・・食事の間で、空腹時はナッツをとる。

FIREに向けて

この取り組みはFIRE生活では、やりやすいと感じる。

サラリーマンだと、午後6時に食事をとり、午後9時に就寝することは難易度は高いだろう。

しかし、現在私は、上記生活が可能な状況であるため、先を見越して始めたいと思います。

今後の体重変化等は、随時弊ブログにて報告していきたいと思います。

「空腹」こそ最強のクスリ [ 青木厚 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/4/6時点)楽天で購入

There is a will, there is a way!

        

コメント

タイトルとURLをコピーしました