4連休は有難くない?

FIRE

4連休に突入して思うこと

サラリーマンである時には、4連休は有り難く、うれしいものだったことでしょう。

しかし、FIREした今となっては、さほど嬉しいものではない気がします

どこに行っても多くの人で混んでいますし、コロナ禍では感染の心配もありますから、逆にこちらは掛けたくなくなります。

皆が仕事をしている時に休んでいるからこそ、FIREはより貴重価値があるのですね。

皆が休んでいる時は、そこに差はありません。

家族内では

子供は元々夏休みであり、家にいるので4連休でも条件は同じです。

まあ、それはそれで対応する必要がありますので、こちらとしては既に普段と違う状況であり、戦闘モードに入っています。

食事をさせたり、勉強させたり、遊びに行ったりと大忙しです。

それはそれで喜びであり、その充実を味わうためにFIREしたのです。

しかしここに4連休が重なれば、普段は仕事に行っている嫁も加わります。

それも嫁が食事を作ってくれたり、一緒に食事や散歩をしたりと楽しい時間ではあります。

FIREをしたことで心の余裕があるので、現役時代よりも楽しめるのかもしれません。

ただ正直言って、普段のFIRE生活よりは自由度は下がりますね。

まとめ

4連休はサラリーマンであれば非常に楽しみだったと思います。

しかしFIREではそういった楽しみは見出しがたく、むしろ戦闘モードになります。

ただそういう時間も楽しめています。

Where there is a will, there is a way!

DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール [ ビル・パーキンス ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2021/7/23時点)

書評です↓

関連記事です↓

応援クリックをお願い致します。↓

元地銀マンの子連れセミリタイア生活! ランキング - にほんブログ村
地銀管理職が子連れセミリタイア生活をつづります。40代、妻子持ち。ある壮絶な経験からセミリタイアを意識。配当金300万円、高配当、インデックス、REIT、節約。

コメント

タイトルとURLをコピーしました