DIE WITH ZERO(ゼロで死ね)

FIRE

死ぬ時が一番金持ち

ビル・パーキンス氏著書、「DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール」の書評です。

FRBの調査によれば、世帯主が45歳の世帯の純資産は12万4000ドルであり、これは年齢とともに上がっていく

そして、75歳では約25万ドルにも上る。

人は自分の資産を使い始めるのが非常に遅く、60代から90第までの退職全体で支出と収入が1:1。つまり、退職しても資産には手を付けないという傾向。

資産額の多い人は、20年後または死ぬまでにその11.8%しか使っていない

資産の少ない人は、使う割合は高いが、それでも退職後の18年間で25%しか減っていない。

全退職者の1/3が、退職後に資産を増やしている。

退職後も安定した年金がある世帯は、退職後の18年間で使った資産はわずか4%

体力は衰えていく

しかしお金を使って、楽しみや喜びを見出す能力は年々衰えていく

その能力は45歳ころから急激に落ち始め、75歳時点では相当に低くなっている。

高齢になると、体力や意欲が落ちるからだ。

ゆえに、高齢者の資産額は増える傾向にあるのだ。

人生で後悔する2つのこと

アメリカで、死を前にした後悔のうち最も多いことは、以下の2つだ。

①もっと自分らしく、リスクとって挑戦すればよかった

②あんなに働き過ぎなければよかった

つまり、若い時の貴重な時間を犠牲にして、老後に使いきれないお金を用意しても、後悔するだけなのだ。

人生は思い出つくり

人生は経験や思い出の総和であり、死ぬときに後悔しないのは充実した思い出が詰まった人生だ。

特に若い時の思い出は、その後その記憶自体が思い出の配当をもたらし、福利的に人生の効用を高める

かといって全てを経験につぎ込むわけにもいかない。

つまり、アリとキリギリスの生き方で言えば、その中間あたりを目指すのが妥当。

また子供への相続についても、死ぬまで延ばす必要はなく、子供が25歳~35歳くらいの時に渡すのが適切だ。

その方が子供がそれを有効に活用出来るからだ。

タイムバスケットを作ろう

これまでのことを念頭に、今後の人生を5年ごとに切り、それぞれにやりたいことをいれたタイムバスケットを作る。

そうすると気づくのは、若い時に入れるものが多く、どうしても高齢時には少なくなってしまうということだ。

また映画を見る、本を読むといったことは高齢でも出来るため、そういう事項は高齢時でも良い気がする。

やりたいことが新たにできたり、また変わった場合はどんどんアップデートしていけばよいであろう。

FIRE生活には重要な示唆が富んでおり、必読の一書と言えるでしょう。

Where there is a will, there is a way!

ご興味がある方は以下もどうぞ。


関連記事です↓

応援クリックをお願い致します。↓

元地銀マンの子連れセミリタイア生活! ランキング - にほんブログ村
地銀管理職が子連れセミリタイア生活をつづります。40代、妻子持ち。ある壮絶な経験からセミリタイアを意識。配当金300万円、高配当、インデックス、REIT、節約。

コメント

タイトルとURLをコピーしました