FIREに45歳定年制は有利?

FIRE

45歳定年制について

最近45歳定年制について、話題になっていますね。

元ローソン社長でサントリーの社長の新浪氏も推奨している様です。

そのメリットとしては、企業としてはこれまでの年功序列制度を壊し、使えないシニア社員を無くすということがありますね。また若年層にはモチベーションをあげ、スキルを上げることで会社の生産性を上げることが出来るのかもしれません。また使えないシニア社員を無くすことで、若年層の頑張りに応える余裕が出来ているのかもしれませんね。

一方、従業員側としても、若年層にとってはスキルを上げることで報酬を上げる事が出来ますね。しかし、シニア社員としては居場所がなくなります。

また若年層も45歳までしか働けないため、生涯年収としては増加するかは微妙なところです。ただ、同時に週休3日制や副業解禁等も進んでいくとは思われます。

45歳定年制とFIREの相性

若年層にとっては、45歳定年制はFIREと相性が良さそうです。

まず1つ目は、給料が上がれば入金力が上がり、運用資金の増加が早まります。また、投資先の企業としも生産性が上がっていれば、より株価や配当金が上がりやすくなっており、その意味でも一石二鳥かもしれません。

2つ目は、早くから自身の専門性やスキルを身に着ける意識が高まることです。そうすれば、副業としての収入が増加することで資金の増加が早まるとともに、45歳定年後の収入源も増やすことが出来ます。

言うならば、これまでは会社に入れば皆が出世を目指して来た訳ですが、これからは出世を目指すかFIREを目指すかという2択の色彩がより強くなるだろうと思います。そして、何となくダラダラと会社にしがみつくという人生はあり得なくなるのではないでしょうか。

そして、その方が社会としての生産性が上がるのではないでしょうか。今後、AI等の技術が進展し、人手が要らなくなっていくだろうことも、この流れは正当化されやすいと思われます。

さらには、ベーシックインカム導入も現実味を帯びてきます。現在、自民党総裁選で河野氏が、年金改革の議論で、そのはしりの様な事を言って孤立していますが、いずれメインストリームとなることでしょう。

まとめ

45歳定年制が話題になっています。

45歳定年制はFIREとは相性が良く、今後は皆が出世かFIREを目指し、社会の生産性が高まることも期待できます。

このことはAI進展、ベーシックインカム導入等の話題も絡んできます。

一方で、ダラダラと会社のしがみつくということは許されない社会となる可能性があります。

Where there is a will, there is a way!

ご興味がある方は以下をどうぞ↓

応援クリックをお願い致します

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

コメント

  1. deds より:

    どうだろうなあ
    副業で生計が建てれる人がどれだけいるだろうかなあ
    多くは望まぬ派遣やバイトの屈辱に甘んじることになるのではなかろうか?
    すきでバイトやるならそれはなにもいわんけど

タイトルとURLをコピーしました