FIREへの初歩、理想の株式・債券の比率とは?

FIRE

株式・債券の比率とは

昨日も投稿したように、一般的には、「100ー年齢」%を株式の比率とすることが推奨されています。

ただし、これは1つの考え方に過ぎません。

リスク許容度や資産形成に関する考え方は人によって違うため、年齢によって全てを決めるのは無理があります。

そこで、本日は、「投資の大原則」の著者2人が推奨するポートフォリオをご紹介したいと思います。

「投資の大原則」著者2人が奨めるポートフォリオ

「投資の大原則」は投資界隈、特にインデックス投資家にとっては不朽の名作です。

その著者2人が奨めるポートフォリオが以下の様なものです。

但し、2人の間でも考え方に大きな差があります。1人はリスク資産がかなり多めの配分です。

①バートンの年齢別資産配分計画

       株式割合   債券割合

 20~30代 75~90%   25~10%

 40~50代 65~75%   35~25%

 60代   45~65%   55~35%

 70代   35~50%   65~50%

 80歳以上 20~40%   80~60%

②チャーリーの年齢別資産配分計画

       株式割合   債券割合

 20~30代 100%      0%

 40代   85~100%  10~0%

 50代   75~85%   25~15%

 60代   70~80%   30~20%

 70代   40~60%   60~40%

 80歳以上 30~50%   70~50%

2人とも高齢になるとかなり近いポートフォリオですが、若年時にはチャーリーがより積極的にリスクをとるものとなっています。

バーキンは失業等のリスクも考慮しているものと考えられます。

ちなみに私のポートフォリオでは、どちらのポートフォリオに対しても年齢相当ではなく、70代や80代のポートフォリオとなっています。

どう感じるかは人それぞれですが、「資産を増やしたい」という気持ちと、夜心配せずにゆっくり寝たい」という気持ちのバランス調整になると思います。

まとめ

FIREには必要不可欠な、株式・債券比率について考察しました。

一般的には、株式を「100-年齢」%とするポートフォリオが推奨されますが、これはあくまでも1例です。

「投資の大原則」の著者2人が推奨するポートフォリオはより積極的です。

自身のリスク許容度に照らして、最後は自分で心地の良いバランスを決めて下さい。

Where there is a will, there is a way!

ご興味がある方は以下をどうぞ↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました