FIREへの1歩!1年に20万円、20年で1千万得する節約法

FIRE

FIREには節約が欠かせない

以前にFIREに必要な公式をご紹介しました。

そしてそこでは、最も手っ取り早いのは「支出の削減」としました。

大きなものは、住居、自動車、保険となりますが、日々の生活でも節約出来るところは節約したいもです。

手軽に出来る弁当持参

私がお勧めするのは、弁当持参です。

毎日の昼食費について、皆さんはどれ位使っていますか?

1日1,000円ならば、1,000円×20日×12か月=240,000円にもなりますね。

1日500円だとしても、500円×20日×12か月=120,000円となります。

この点弁当だと、昨日の夕食の残りを持参すればそのコストはかなり安くなります。またフードロスを削減することも出来るので、SDGSの時代にも適合的です。コストは、レタスやミニトマトを加えたり、足りない分を冷凍食品(最近は本当にその味は美味しく、また経済てきであり、関心します)を補えば、100円も見ておけば足りるでしょう。また、付けも濃くなく、量も過多にならず、健康にも良いと思います。

すると1日100円として、100円×20日×12か月=24,000円となります。

   1日1,000円の場合と比較すると、240,000円ー24,000円=216,000円もの差額になります。

そしてそれが10年だと、216,000円×10年=2,160,000円

      20年だと、216,000円×20年=4,320,000円にもなります。

さらに、この金額に、複利で運用した場合の運用益が積み重なりますね。

複利運用するとどうなるか

1日1000円の昼食費を1日100円に減らすと、1日あたり900円、1か月(20日とすると)18,000円の差額になりますね。

これを年利7%で20年間複利運用すると、何と1千万近い金額になります

正確には、9,376,680円です。まさに塵も積もれば山となるです。

まとめ

FIREにはその公式に基づいた行動が必要となります。

そして、弁当持参によって、昼食費を1日1000円から100円とすることで、1千万円近い差額になります。

1千万円を3%の高配当株で運用すれば、年間30万円もの配当収入が得られ、大きくFIREに前進できます。

Where there is a will, there is a way!

ご興味がある方は以下をどうぞ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました