FIREへ絶対に必要なこと

FIRE

私のFIREへの経緯

私がFIREを志したのは、まずは入社当時に上司が病気で亡くなり、その家族が悲しむ姿を見て、サラリーマンという生き方に疑念が生じたことが発端です。(このエピソードについては、下にリンクのある過去の投稿をご参考下さい)

そしてその後勤務していた支店でパワハラに会って体調がおかしくなっことは、決定的な経験でした。

会社というところで自分の1度しかない人生を終えたくないと強く感じるようになりました。

またその折に結婚して子供が生まれたこともあり、もっと家族とゆっくりと過ごしたいと感じるようになったことも、背中を押しました。

強い動機が必要

FIREをすると決意した以上は、まずは資金を貯めねばなりません。

そのためには節約が必要となります。そしてそれは長期間にわたります

私の場合は、パワハラに会ってからFIREに至るまで10年間の歳月を要しました。

その中では、ゴルフや不要な飲み会はパスする等のサラリーマンとしては普通ではないことも継続しなければなりません。当然に周囲からは変な目で見られることもあります。

その際には、自分のFIREへの強い動機が必要となります。

私の場合は前述の強い経験があり、周囲から変な目で見られても、全く迷いがありませんでした

よってFIREへは、その目的や動機を強く持ち、それを常に意識することが必要だと思います。

皆さんがFIREを目指しているとすれば、それは何のためでしょうか?

家族とゆっくりと過ごすためでしょうか?世界中を旅することでしょうか?

まとめ

FIREに至るまでは長い年月にわたる努力が必要となります。

時には、周囲から変な目で見られることもあります。

よってその中でもブレずに前進するには、強い動機や目的が必要となります。

Where there is a will, there is a way!

応援クリックをお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました