FIREへ絶対に理解すべきこと

FIRE

複利効果の大きさを理解する

FIREするには複利効果の大きさを理解することが必要です。

複利は、天才物理学者であるアインシュタインをして、「人類最大の発明」と言わしめたものです。

皆さんは本当に理解しているでしょうか?

何となく聞いたことがあるというレベルではなく、深く腹落ちさせる必要があります。

別の言い方をすれば、5年や10年というスパンだけではなく、30年、40年、50年というスパンで考えるということです。

そうすれば、ほんの小さな金額でも将来非常に大きな金額となることが分かります。

以下は毎月1万円を年利7%で30年間運用した場合のシミュレーションです。すると30年後には1200万円超にもなっていることが分かります。

とすれば、毎月5万円で6000万円、毎月10万円で1億2000万円にもなります。普通に億り人に到達します。逆に毎月5000円でも600万円、毎月1000円でも120万円にもなります。

とすれば目の前のほんの1000円の買い物だとしても、30年後の価値で言えば120万円のものを買っていることと同義と言えます。

資産形成の公式を再度見直す

以前に、資産形成は(収入‐支出)×利率×年数と投稿しました。

この点、複利効果は利率と年数の部分を表現していると言えます。

そしてその効果は長い期間で見れば見るほど、高い利率で見れば見るほど、絶大です。

よって(収入ー支出)は大きければより大きな効果が発揮しますが、逆にほんの小さな金額でも将来大きな金額となるとも言えます。

収入を増やすことは簡単ではありませんが、支出の見直しは誰にでもすぐに出来ます

あなたが今買おうとしている物やサービスは、数百円程度のものかもしれません。

しかし、複利を勘案した30年後の価値は何十万円にもなるということを意識して、再度考え直してみて下さい。

それは本当に必要な買い物でしょうか?

もし必要だとしてもより安くなる方法はないでしょうか?

レンタルにする、メルカリで買う、他の安い店を探す等、色々アイデアを出してみましょう。

まとめ

FIREするには、複利効果の大きさを理解することが必要です。

毎月1万円の積立でも年利7%で30年経過すれば、1200万円にもなります。また1000円でも120万円にもなります。

とすれば、目の前のほんの小さな金額の買い物でも、将来価値で見れば案外大きな金額の買い物となります。

よってその小さな金額の買い物も本当に必要かどうかを考え直してみましょう。

また必要だとしても、他のより安くなる方法がないかも考えてみましょう。

Where there is a will, there is a way!

応援クリックをお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました