FIREを可能とした不本意な転勤・・・

プロフィール
営業 受付 カウンセリング

本部から支店へ久し振りに転勤

地銀では2~3年に1回は異動があります。支店から別の支店へ、支店から本部へ、またその逆もしかりです。

ある時私はそれまでの3年間の本部業務から、久しぶりに支店へ戻ることとなったのです。

本部に行く前は主に法人営業をしており、本部では本部固有の業務で、支店の業務とは関係のないものでした。

そして、3年ぶりに支店へ。しばらく離れていた業務であり、前の様に出来るか不安でした。

また、その空白の3年間にも、業務は大きく変化しているのです。

任された業務は・・・

そこで任された業務は、個人営業の総括でした。正直言って嫌だなと思いました。

おそらくは、本部での3年間で実務にブランクがあるからあまり重要でないことで使おうという意図だったのでしょう。

銀行内では個人営業は法人営業よりは下に見られており、一般の個人を相手とするため、法人を相手とするようりもドブ板を踏む要素が強いためと思います。

自分では法人営業も出来るという自信もあったため、「何故自分が・・・」という悔しさがありました。

しかし支店長の命令は絶対です。逆らえません。やるしかなかったのです。

個人営業でも、運用難の時代のため、昔の様に預金を集めるということは求められず、投資信託や年金保険を販売することが求められます。

当然にノルマも課されます

その時には、当然にマーケットの知識が求められることとなるのです。

マーケットの勉強に集中・・・

大学時代は経済系の勉強をしていたため、少しはマーケットのことも分かるつもりではいました。しかし、日経新聞を読む程度のこととしか

しておらず、自信の運用も銀行で売っている投信を買って、儲かったり、損したりの繰り返しの程度でした。

何をやっていいか分らず、とりあえず、マーケット関連のテレビや週刊誌等をむさぼる様に見ていました

そこで感じたことが、意外と嫌にならない、苦痛ではないということでした。

これまで英語の勉強等、思い立ってはトライしてみて挫折したことは多くありましたが、マーケットの勉強だけは嫌にならなかったのです。

おそらくは、客観的な数字による思考が好きで、しかも実務にもすぐに使えるという点が要素としてあったと思います。

アナリストの言うことは結果的にあたることも外れることもありますが、論点となるポイントは分かりますし、複数のアナリストの意見を

聞いたうえで、自分の頭の中で考えれば、マーケットの色々な可能性について事前に押さえることが出来ると思います。

ノルマ達成のために自分でも商品購入

今ではブラックなことですが、ノルマ達成のために自分のお金で銀行の金融商品を購入するということも、普通に行われていました。

そこで総括である自分も購入することとしたのですが、時は、アベノミクス。何を買っても上がっていました。

そこで購入した、株式型ファンドや外国債券型ファンドでたまたまですが、数百万円の利益を上げることが出来ました。

これも嫌だった個人営業を担当していなければ、無かったことです。

人間万事塞翁が馬

お金の面でも書きましたが、人間万事塞翁が馬ですね。あまりやりたくない個人営業を担当したことが、FIRE可能な状況への近道となったと

今振り返って思います。

There is a will, there is away!

コメント

タイトルとURLをコピーしました