FIRE後の生活~株主優待~

FIRE

取得した株主優待

金券や割引券

2月決算企業と2月決算企業の一部から届いたものです。

具体的には、

QUOカード15,000円分、スギ薬局3,000円分商品券、イオンモールギフト券10,000円、エディオン3,000円分、吉野家食事券3,000円分、トリドール食事券3,000円分、コメダギフトカード1,500円(議決権行使含む)、その他各種割引券等です。

ここになく、既に使用したものとしては、イオンギフトカード2,000円分、ビッグカメラ商品券等があります。

食品関係

正栄食品工業のお菓子3,000円相当、マルハニチロの缶詰6個、オイレス工業のお粥12個、十六銀行のお水500㎖×24本等です。

今後も続々と到着が予定されています。

ハピネットのおもちゃ、伊予銀行のみかん、めぶきFGの生たこ、日本管財の傘等々

株主優待のメリット

投資はあくまで業績やビジネスモデルで判断すべきものであり、決して株主優待目的になってはいけないと思います。

しかし、株主優待があることが株価の下支えになることは事実であり、人気のバロメーターにもなります。

また株主優待品は、確かに生活に使えるものが多く、生活費の削減につながります。

さらに、優待品が届くのを選んだり、箱を開けるのは、純粋に楽しみでもあります。

まとめ

6月は優待品が多く届く時期です。

優待品は、生活に使えるものが多く、生活費の節約にもなります。

FIRE生活において、優待品が届いて箱を開けたり、選んだりすることは楽しみとなります。

但し、株主優待はあくまで投資の付加的なものであり、投資先の業績やビジネスモデルのチェックが第一です。

Where there is a will, there is a way!

ご興味がある方は以下もどうぞ。

応援クリックをお願い致します。↓

セミリタイア生活 人気ブログランキング - ライフスタイルブログ
セミリタイア生活ブログの人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料) - ライフスタイルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました