FIRE後の生活~iDeCoへの移管~

FIRE

401K移管の手続き

①最終の掛け込みはいつか?

勤務先で401Kをしていた場合、退職月で脱退となります。

しかし細かいことですが、毎月の掛け込みは前月分のものであるため、退職月の翌月もあと1回掛け込みがあります。

私の場合5月退職ですので、6月にあと1回掛け込みがあることになります。

その際にマッチング拠出をしていた場合は、給料からの引き落としが出来ないため、別途口座から引き落としとなります。

②移管手続きと必要期間

その後の移管に関しては、勤務先から送付された書類を添付して、新しい金融機関で申し込み手続きをすることになります。

手続きは退職月から7カ月までに完了させないといけません

また移管手続きには2か月ほど要するため、早目に手続きを行う必要があります。

私の場合は、5月退職で12月末までに完了させる必要があります。

③移管に際する運用上の注意点

さらに現在401Kで株式等で運用している場合は、運用を一旦完了させる必要があるため早目に定期預金にしておいた方が安心ですね。

元来、老後までの長い運用期間が取れるから、株式等のリスク資産で運用しているはずです。

しかしこの場合、運用期間は数カ月しかないこととなり、長い運用期間がとれません

その間に上がればラッキーですが、下がれば最悪です。

FIREする場合は、ある程度の頃合いで定期預金にした方が無難でしょう。

運用する金融機関の選択

やはりSBI証券か、楽天証券が良いかと思います。

理由は、以下の3点です。

①運営管理手数料等のコストが安いこと

 銀行系とは毎月数百円の違いがでます。

②商品のバリエーションが豊富であり、その運用コストもリーズナブル

③電話等でのフォローも充実している

 慣れない手続きで、自分の場合はどうなるんだろうと不安になることもあると思います。

 その際でも、電話で丁寧に詳しく教えてくれるので安心です。

 ご興味がある方は以下からどうぞ。

 https://tpcm.jp/ideco21/a88597849dfe2d1f899201a6fc693ae3

まとめ

①401Kについては退職月の翌月にも掛け込みがあり、マッチング拠出をしていた場合は給料からの引き落としが出来ないため、別途支払いが必要となります。

手続きはさほど難しくはないが、移管には2か月程度かかり、また退職から7カ月で完了させる必要があります。

③FIREすると決まれば、運用期間は一旦終了させる必要があるため、早目に定期預金にしておいた方が安心

④新たな金融機関は、コスト、商品、フォロー等からSBI証券か楽天証券がお勧め

ご興味がある方は以下もどうぞ。

応援クリックをお願い致します。↓

セミリタイア生活 人気ブログランキング - ライフスタイルブログ
セミリタイア生活ブログの人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料) - ライフスタイルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました