FIRE朗報!金融課税強化実施しない!

FIRE

岸田総理の所信表明演説

昨日は、岸田氏の提唱する金融課税強化が行われないのではないかとの記事を投稿をしました。理由は、日経新聞の世論調査に関する記事から考えられることでした。詳しくは、以下をどうぞ↓

そして昨日、国会で岸田総理の所信表明演説がありました。またしても「分配」「分配」の連呼、日経新聞によれば12回も言っていたのです。そして「改革」はゼロ。この分析だけでも、日経新聞の岸田総理に対する幻滅ぶりが垣間見えます。そして、何と金融課税強化には言及が無かったのです。

明らかなトーンダウンではないでしょうか?

子分に言わせる姑息さ

別途、岸田派の山本氏がブルームバーグのインタビューに答えて、金融課税を20%→25%に強化すること検討するとしました。以下はその記事です。

(ブルームバーグより引用)

                                         ~

これは、明らかな観測気球ではないでしょうか?閣外にいる自身の子分に、自分の言いたいことを言わせて、世論の反応を見ているのでしょう。閣外の人がいくら言っても、都合が悪ければ後で取り消しできますね。そして、自身は所信表明では言及しない政治家らしい姑息なやり方ですね。

日経新聞の編集委員「実施されない」

昨日のテレビ東京のニュースにおいて、日経新聞の編集委員が「金融課税強化は制度設計はするが、結局は出来ないと思う」と発言していました。

やはり、昨日の日経新聞の世論調査に関する記事は、そういう意味だったのでしょうね。

過去、株価が低迷する中で、長期政権となった総理はあまり記憶にはありません

「遠くまでいきたいないら、皆で行け」ならば、投資家とも一緒に行って欲しいものです。

今のままでは、一緒には行けませんね。

まとめ

岸田総理は所信表明演説において、金融課税強化に言及しませんでした。

そして自身の子分に言わせましたが、逆にそれしか出来ないということでしょう。

日経新聞の編集委員も「実施出来ないだろう」と発言しています。

岸田総理には、投資家ともともに歩んで頂きたいものです。

Where there is a will, there is a way!

ご興味がある方は以下をどうぞ↓

応援クリックをお願い致します↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました