FIRE達成!インフラFのポートフォリオ

資産運用

全体資産の構成

インフラファンドは下図の通り、全体の2.3%を占めています。

やはり、5~6%の分配金は、FIRE生活には魅力ですね。

インフラファンドの長所・短所

①長所

 ・高い利回り

 ・低いボラテリィティ(コロナショックでも10~20%前後の下落)

 ・景気変動に対しての連動性が低く、分配金は安定(日照と景気は無関係)

 ・政府の買取価格保証があるため、キャッシュフローが読みやすい

②短所

 ・政府の方針に大きく影響を受ける(固定買取機関終了後の懸念残る)

 ・インフレについていけない

 ・資産は田舎にあり、機械設備も劣化していくため、長期では資産価値は減少する。

個別銘柄の構成

ほぼ均等に投資しています。

最近公募増資で価格が下落したカナディアンソーラーを買い増ししたため、同ファンドがややウェートが高くなっています。

今後の方針

インフラファンドは高い安定性と、キャッシュフローが見込まれるため、今後も現在の水準を維持したいと思います。

ただし、長期では懸念も残ることから、買い増しほどでもないと考えております。

ご興味がある方は以下もどうぞ。


お金は寝かせて増やしなさい [ 水瀬ケンイチ ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/5/15時点)楽天で購入

Where there is a will, there is a way!

コメント

タイトルとURLをコピーしました