FIRE達成!!!日本債券(預金)ポートフォリオ

資産運用

全体資産の構成

日本債券(含む預金)は全体の51.5%を占めています。

今後、リスク資産の割合を増やす中、日本債券の比率を40%まで落としたいと考えています。

しかし、今後FRBのテーパリングが予想される中、どのタイミングで、どれくらいリスク資産を増やすかは、難しいところです。

日本債券(含む預金)の構成

債券が42.6%、定期預金が37.2%となっています。

債券は値動きがありますが、利回りは高め、定期預金は元本保証で利回りが低めなのが違いです。

今後、債券、預金とも募集条件に応じて、柔軟に変更していく方針です。

しかし、長めの債券は、今後のインフレが懸念されるため、避けたいと考えています。

また生活防錆資金としては、一定程度の預金は常に確保する必要があります。

個別銘柄

個人向け国債が40%、auじぶんBKの定期預金が46.7%と大部分を占めています。

個人向け国債は1年経過すれば売却可能、定期預金はいつでも解約できるため、流動性は確保出来ています。

個人向け国債は、当時0.3%のキャッシュバックキャンペーンがありました。

auじぶんBKの定期預金は、利回りが0.5%となっています。しかし、今後満期となる分があるため、今後どう運用していくかは、思案のしどころです。今のところ、定期預金では、良い条件のものはあまり無い様です。

楽天カードマン債、SBI債は0.5%で、各々5年、2年の期間です。

今後の方針

①リスク資産を積み立てるために、少しづつ取り崩す。

②不況時、株価下落時に備え、生活防衛資金は預金もしくは短期債で確保する。

③残りの分については、リスク分散を図りつつ、リターンの最大化を図る。

ご興味がある方は以下もどうぞ。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お金は寝かせて増やしなさい [ 水瀬ケンイチ ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/5/16時点)


Where there is a will, there is a way!

コメント

タイトルとURLをコピーしました