FRB量的縮小で株価は10%下落する?

資産運用

本日の内容

・FRBは今夏にもバランスシートの量的縮小を開始する可能性。

・その場合一時的に株価下落は考えられるが、継続的に株価が下落する可能性は低い。

・株価の動きは読めないため対策は以下の通り。

 ①長期的な成長を信じて積立投資を行う

 ②暴落時(10%以上の下落)ではもとまった投資を行う

FRBが今夏にもバランスシート縮小開始?

米連邦準備制度理事会(FRB)のウォラー理事は「夏までに幾分のバランスシート圧縮を始めれば、一部圧力は取り除かれ、それほど利上げする必要がなくなる。夏までに開始すべきだというのが私の考えだ」と述べています。

これはFRBの決定事項ではないですが、最近はタカ派の発言がそのままFRBの決定となっていますので、夏ころにバランスシート縮小が開始される公算は高いです。

そうならない場合としては、インフレの鎮静化が考えられます。

しかし賃金や家賃が上昇していることを考えると、あまり期待しない方が良さそうです。

量的縮小で株価は下落するか?

FRBによる量的縮小が行われたのは2018年~2019年の1回しかありません。

その時の株価の動きを見ると、概ね堅調に推移しています。

唯一株価が下落しているのは2018年10月~12月で、下落率は概ね15%程度です。

この時期は丁度米中貿易摩擦が始まった時期にあたります。

このことが株価にマイナスの影響をもたらしたことは確実です。

もちろん長期金利が上昇していたことも影響を与えたとは思います。

しかし、その後はトランプ減税等もあり、株価は上昇基調に回帰していきました。

今回も一時的な下落がありながらも、2024年の大統領選挙に向けて2023年からは株価が上昇するというのが私のメインシナリオです。

(株式マーケットデータから引用)

対応は

そうは言え、株価がどうなるかは分かりません。

来るべき暴落に準備しつつも、来ないことも想定して定期的な積立を行っていくべきでしょう。

もし暴落が来た時には買い迎える様に、資金里余力は残した方が良いでしょう。

Where there is a will, there is a way!

興味がある方は以下をどうぞ↓

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました