J-REITのポートフォリオ(2021年6月)

資産運用

全体資産の構成

構成比は前月と比較して+0.5%となりました。

これは主に評価額の上昇によるものです。

J-REITの地域別構成割合

主な増減は、関東が+4.8%、中部・近畿が+2.5%となりました。

ETFを個別銘柄に分散させたことや、東京中心部の比率を下げる目的でそれ以外の銘柄を増やしたことが要因です。

J-REITの用途別構成割合

11.5%を占めていたETFを地域分散や分配金増加の目的から、個別銘柄に振り替えました。

結果、各カテゴリーが増加しました。

事務所+0.9%、住居+2.4%、商業+1.2%、ホテル+0.5%、物流+2.6%、ヘルス+1.2%です。

出来上がりのバランスは良い状態だと認識しています。

J-REITの個別銘柄構成

ETFが無くなったため、各銘柄が増加しました。

特に大和証券リビングが+0.6%、HCMが+1.0%と、ヘルスケア系が大きく増加しました。

ヘルスカテゴリーを増加させた結果です。

今後の方針まとめ

J-REIT総額としては、これ以上の買い増しの必要は感じていません

また地域別、使途別でもバランスよく分散出来ていると思います。

よって、当面はこの状態を維持したいと考えています。

Where there is a will, there is a way!

ご興味がある方は以下もどうぞ。



応援クリックをお願い致します。↓

セミリタイア生活 人気ブログランキング - ライフスタイルブログ
セミリタイア生活ブログの人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料) - ライフスタイルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました