スポンサーリンク

S&P500は最高値5,150Pへ

スポンサーリンク
資産運用
Cartoon image of bag of money. An artistic freehand picture.
スポンサーリンク
スポンサーリンク

来年は難しい相場へ

これまで、来年は金融引き締めが強まり、難しい相場になると投稿してきました。

一時的には、20%程度の下落も覚悟する必要があるかもしれません。

詳しくは以下をどうぞ↓

しかし、下落した場合は、絶好の買い場になることも考えられます

業績相場で最高値更新も

以下は、マネックス証券の岡元氏の見解です。

来年、S&P500は5,150Pに達する。

(要因)

①企業業績は改善が続く

 EPSが245程度まで上昇することも予想され、PERが現状の21倍としても、5,150Pとなる。

②豊富な現金

 個人と企業合わせて500兆円程度のMMF資金があり、株価が下落すれば買いが入る可能性が高い。

 また、企業の流動性資金は780兆円程度まで膨張しており、自己株式取得が促されやすい。

以上からすると、一見トンデモに見える5,150Pという数字も、案外妥当性が無い訳でもない様に思えます。

とすると、金融引き締めに市場が動揺して下げたところは、買い場の可能性もありそうです。

VIX指数は足元でも20を超えています。

皆が悲観的になっている時は、案外チャンスなのかもしれませんね。

まとめ

一般的には、来年は金融引き締めが強まり、難しい相場になるとの見方が多い様に思えます。

しかし、企業業績は堅調に推移する可能性があり、また個人・企業とも豊富な現金を保有していることからすれば、株価は上昇を継続する可能性もあります。

よって、過度に下げたところは買いのチャンスかもしれません。

過度に楽観的にも悲観的にもなり過ぎない様にしたいものです。

Where there is a will, there is a way!

応援クリックをお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
地銀マン21をフォローする
スポンサーリンク
元地銀マンの子連れセミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました