VTI売却!GAFAMの終わりの始まり?

資産運用

本日の内容

今般VTIを売却しました。

理由は米国長期金利が上昇傾向にあること、また3月0.5%利上げや早期量的縮小の可能性が取り沙汰される中、市場は未だ十分にそのことを織り込んでいないことがあります。

そして利上げに加えて何と言ってもGAFAMの終わりの始まりの可能性も懸念されるからです。

反トラスト法での訴訟や個人情報の取り扱い、国際的な課税網構築なども懸念されます。

よってGAFAMの組み入れ比率が25%と高いVTIは一旦売却しました。

VTはそのまま保持しています。

今後のインフレ率の動向やFRBの姿勢を見極めて、今後の投資方針を検討したいきたいと思います。

足元の動き

ナスダック100は昨年10月の水準まで下落しました。

S&P500も昨年10月の水準まであと僅かです。

そして出来高も大きく増加しています。よって相応の売り圧力があることが窺えます。

インフレの動向、FRBの姿勢

インフレは直近でCPIが約7%上昇しています。

今後基準年効果が剥落することで、インフレ率が鈍化することが予想されます。

しかし賃金インフレや賃料上昇が起きていることを考えると、想定以上にインフレ率が高止まりする可能性があります。

その場合、FRBはタカ派姿勢を強めざるを得ません。

最近は、3月での0.5%利上げが取り沙汰され、また早期の量的縮小も囁かれています。

この点市場の織り込みは未だ十分ではない可能性があります。

3月時点では0.25%、12月時点では1.0%の利上げを織り込んでいるのみです。

よってもしインフレ率が高止まりすれば、現在の市場の織り込み以上に、金利が引き上げられる可能性も懸念されます。

その場合はさらなる株価下落の可能性もあります。

(CME FED ウォッチ 3月時点)

(同 12月時点)

対応は

金利が上昇するとなればグロース銘柄はやられます

この辺はとうに下りました。

そしてそれはGAFAMにも及ぶ可能性があります。

コロナ禍の終了による在宅需要の終了に加え、 反トラスト法での訴訟や個人情報の取り扱い、国際的な課税網構築なども懸念されます。 世界中が左傾化に走っていることがなんとも不気味です。

また最近は米国株ブーム、GAFAMがブームになっている様にも思われ、この点も今後の反落リスクを想起させます。

私は今般、GAFAMの構成比率が25%と高いVTIも売却しました。

インフレ率が落ち着いてFRBのタカ派姿勢が和らげば再度戻るかもしれませんが、それまで様子を見ます。

ただ全下りした訳では無く、VTや高配当株は保持しています。

来年に向けて、業績相場に移行して、再度株価が上昇することを期待したいものです。

航路を守りつつ、あくまで微調整というスタンスです。

最後に

ナスダック、S&P500ともに下落傾向になっています。

インフレ率上昇やFRBのタカ派姿勢から、市場の状況が変わっている様に思えます。

その動向を見極めるべく、今般VTIは売却しました。

ただ、来年向けて、業績相場に移行できれば、再度株価は上昇する可能性もあります。

Where there is a will, there is a way!

興味がある方は以下をどうぞ↓

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました